2005 ゴールデンウィークキャンプ
日程 2005.04.29〜05.04
場所 志賀高原一の瀬ファミリースキー場
レポート 240こと西尾良方(K-snowスタッフ)
毎年恒例のゴールデンウィークキャンプが志賀高原一の瀬ファミリースキー場にて開催されました。今年のゴールデンウィークは例年に比べ、積雪がかなり残り良いコンディションでのキャンプを開催することができました。夜間の冷え込みによりしっかりバーンが固まり、融雪もそれほどひどくなかった事も、良いキャンプが行えた要因のひとつとなりました。

 さて、各キャンプごとのレポートをしたいと思います。メインキャンプであるレーシングキャンプですが、まだまだ滑り足りないレーサーの方々がたくさん集合し、今シーズンの滑り収めに皆さん意欲的練習されてました。レーシングキャンプは融雪の都合で毎年早朝からのトレーニングとなっています。スキー場は朝6時からリフト運転を開始し、スキーのレーシングキャンプも含め、早朝から多数のレーシングキャンプが開催されています。キャンプは、通常のコーチングに加え、計測器を使ったトレーニング、ビデオ撮影による個人の滑りの解析および基本運動の確認、ワールドカップのビデオを参考にしたGSとSLの滑りの留意点や掘れた溝の滑走方法の解説などを行いました。皆さんシーズン終了時に、来シーズンに向けて良い課題作りができたようです。

 コブ攻略キャンプですが、参加される方が増えてきたこと、及びコブを普通に滑れる方が増えてきたことにより、今年は「コブ初心者・初級者」と「エキスパート」にクラスを分けて募集開催致しました。レッスンで使用するコブ斜面は、毎日圧雪するため、午前中はフラットバーンで昼位からコブ斜面ができてくるという状況です。午前中はスノーボード基本の確認とコブのための基本運動を行い、昼位からはコブになれるためのさまざまなバリエーショントレーニングを行いました。スキー場終了時間にはとても大きなコブとなるといったコンデイションで、レッスンが進み滑りが良くなるのと同じに、コブも大きくなってくるという非常にレッスンも進めやすく、皆さんの上達にも繋がるという良い環境の中で、キャンプが行えました。

 バッジ検定キャンプですが、こちらもシーズン最後にバッジ取得を目指す方が集まられ、非常に熱心な参加者のなか、キャンプが行われました。最終日のJSBA公認のバッジテストでは目標を達成できた方、できなかった方と別れましたが、皆さん目標に向けての課題が明確となったようです。

 以上3キャンプを軸に行われましたが、全キャンプともビデオ撮影、夜のビデオミーティングと宿泊型キャンプならではの、充実した内容でのキャンプが行えました。特にビデオミーティングでは、皆さん食い入るように自身の滑りを見、アドバイスに耳を傾けていました。その後の、質問タイムも熱かったです(^.^)
 来シーズンも同様にゴールデンウィークにキャンプを行う予定です。今年参加していただいた方はもちらん、興味のある方の参加を、お待ちしています。
早朝のレーシングキャンプ風景
早朝のレーシングキャンプ風景
早朝のレーシングキャンプ風景
早朝のレーシングキャンプ風景
コブ斜面キャンプ「エキスパート」レッスン風景
コブ斜面キャンプ「エキスパート」レッスン風景
コブ斜面キャンプ「エキスパート」レッスン風景
コブ斜面キャンプ「エキスパート」レッスン風景
コブ斜面キャンプ「エキスパート」レッスン風景
コブ斜面キャンプ「エキスパート」レッスン風景
コブ斜面キャンプ「初心初級クラス」レッスン風景
コブ斜面キャンプ「初心初級クラス」レッスン風景
コブ斜面キャンプ「初心初級クラス」レッスン風景
コブ斜面キャンプ「初心初級クラス」レッスン風景
バッジ検定キャンプレッスン風景
バッジ検定キャンプレッスン風景
CLOSE