レーシング

代表あいさつ

K-snow JAPANは1998年に設立し、2010年10月1日に会社組織に移行いたしました。引き続き、これまで以上にスノーボードの楽しさをみんなで分かちあい、スノーボードをスポーツとして認知させ業界の発展を担うことを第一の目的とし、スノーボードを通じて社会貢献ができるよう、積極的に取り組んで行きたいと思いますので、今後とも何卒よろしくお願いいたします。

2020年10月1日
K-snow JAPAN合同会社 代表社員
佐々木耕司
代表プロフィール
K-snow JAPAN 代表
佐々木耕司 1967.12.5生 (出身 東京都)
所持資格
JSBA公認A級インストラクター
JSBA公認C級検定員
FIS公認スノーボード技術代表
日本スポーツ協会上級コーチ
全日本スキー連盟公認スノーボード指導員
全日本スキー連盟公認技術代表
全日本スキー連盟公認B級セッター
リザルト
95 FIS公認第一回全日本スノーボード選手権大会 優勝
96 FIS公認第一回全日本スノーボード選手権大会 準優勝
97-98 長野オリンピック強化コーチ
98-99 全日本スノーボードチームコーチ
活動内容
95年FIS公認第一回全日本スノーボード選手権大会初代チャンピオンとなり、スノーボードナショナルチームのメンバーとして海外ワールドカップを転戦、1997−99, 2014-16年より全日本ナショナルチーム・アルペンチーフコーチに就任。NHK BS1で冬季放映中の「FISワールドカップスノーボード」のアルペン種目とスノーボードクロス種目の解説を担当、トリノ(2006)およびソチ(2014)冬季オリンピックではTBSのスタジオ解説、バンクーバー(2010)では現地解説(Live)を担当。現在は、群馬県のホワイトワールド尾瀬岩鞍をベースに国内トップチーム「Japan-Factory」と競技者育成チーム「佐々木塾」の監督をつとめ選手強化に励んでいる。JOC海外指導者研修制度にて、カナダ(カルガリー)にて1年間の国際コーチ留学を終え、雪上テクニックだけではなく、メンタルやフィジカルなどの総合的なコーチング力を備える。世界最速スペックのKESSLERスノーボードの輸入販売に携わり、滑走理論も益々UP中。2018早稲田大学大学院にて修士課程(スポーツ科学)を修了。長年の経験に頼らず、科学的な観点からのコーチングにて次世代オリンピック選手の育成に務める。

経営理念

私達は、スノーボードの楽しさや上達することの喜びを、みんなで共有し分かちあい、このスポーツを通じて、多くの人々が充実したライフスタイルを送れるよう、普及発展に貢献したいと考えています。そのためにも顧客の満足度を考え、最良のサービスを提供していくことを意識し、取り組んでいきます。

事業内容

  • スノーボードスクールの運営
  • 国内スノーボードキャンプの企画・運営
  • 海外スノーボードキャンプの企画・運営
  • スノーボード競技者の強化・育成
  • 団体レッスンの開催・運営・企画
  • 各種イベントのプロデュース・企画・運営
  • スノーボード関連用具の開発およびテスト
  • クラブチーム運営
  • 指導者の育成・指導
  • スキー場コンサルタント・アレンジメント・レイアウト作成

所在地

本社
〒350-1147 埼玉県川越市諏訪町15-32
Tel:049-244-7669 E-mail:mailアットk-snow.com(「アット」を@に変えて送信ください)